アーカイブ

上司の心ない一言で疲れが倍増 〜その他の気をつけたい言葉〜 プラスの言葉遣い③

◆あなたの声かけ、大丈夫ですか?

マッサージチェアの大手のフジ医療器が、子供を持つ男性約2000人に聞いた調査では、精神的疲労がある人の原因の8割が「仕事」と「人間関係」で、疲れる相手は「上司」「同僚」「部下」の順でした。
仕事や職場におけるコミュニケーションが心地よくできないと、言われた相手は精神的にも負担が大きくなるようです。
自分では何気ないつもりで話した言葉も、部下からすると時には『傷ついた、パワハラだ』などど、責任管理能力がないように受け取られてしまうこともあります。

前々回②に引き続き、「疲れが倍増する言葉」を挙げてみます。例えば、
「仕事だから/プロなんだから我慢してやって」・・・滅私奉公か…。私のサービス残業のことなんて考えてもくれないの?

「そんな仕事頼んだっけ」・・・自分が言った言葉に責任持ってほしい。

「暇そうだね」・・・決して遊んでいるわけではありません!

「前例がないから/慣習だから」・・・こちらの状況や立場は二の次か、わかってはもらえないのか…。

 

無意識に言った言葉の背後で、こんな部下や同僚の嘆きの声が聞こえてきそうです。

◆言い方次第で相手の心を動かすことも可能になる⁈

 

相手を不快にせず、よい関係を築くためにも、こんな言葉をさりげなく伝えたらいかがでしょう。

「仕事だから/プロなんだから我慢してやって」→ 「いつもきちんとまとめてくれて、助かっているよ。あともう少し、〇〇までまとめてくれると本当に助かるよ。君じゃなくちゃダメなんだ」

 

「そんな仕事頼んだっけ」→ 忙しさにかまけて、自分の言った言葉も忘れてしまっているのかもしれません。「あっ、そうか。これもやってくれたんだ。気が利いているね」と相手の労を労いましょう。

 

「暇そうだね」→このような言葉を発しても、ネガティブな感情を与えるだけなので、あまり使わない方がよいですね。

「前例がないから/慣習だから」→ 部下が新しいことをチャレンジしようとしても、その士気や意欲をなくしてしまうかもしれません。「今はこういう状況で難しいけれど、一緒に頑張ろう」と言った前向きな気持ちを表したいです。

 

頭ごなしの発言は控えてなるべく具体的に。そして相手の頑張りを認めて寄り添うような言葉がけをしてみると、相手は自分の立場を受け入れてもらえたという安心感につながり、強いストレスを感じずにコミュニケーションができるでしょう。

 

五十嵐由美子

幸せを呼ぶ「きらめきオータムフェス」

幸せを呼ぶ「オータムフェス」

各分野で活躍するTEAM煌の講師陣が登場する、なんとも贅沢なオータムフェスを開催します💕
今回は、幸せを引き寄せる様々なテクニックを公開。今から、ワクワクします〜😊最高にHappyな時間をご一緒しませんか?

私は、10月21日 13:00〜13:40、「幸せになるマナー術」をご紹介します。

日時: 10/20(金),10/21(土)

会場:代々木上原 「きんのきりん」


画像に含まれている可能性があるもの:7人、、スマイル

上司の心ない一言とは⁈ 〜上司に言われて嬉しかった言葉〜プラスの言葉遣い②

▪️叱る時には信頼関係を築いてから!

前回に引き続き、疲れが倍増した上司のセリフをいくつか挙げてみます。
皆さんは、上司や同僚の何気ない一言で意気消沈したり、一気にやる気をなくした経験はありませんか。
その反対に、相手の言葉で、生き返るような気持ちになったり、閉塞感から解き放たれたような気持ちになったこともあるのではないでしょうか。
たった一言の言葉のチョイスで、相手に与える印象に、天と地ほどの差がありますね。

上司の心ない一言、
④「自分でやれ&勝手にやるな」
この言葉、迷いますね。「えっ、報告したらダメ?やっぱり一言 言わなきゃならないかな」。
上司から自分で仕事を進めるように言われ、プロジェクトの概要をクライアントに打診をしたら、「勝手にするな」と言われ、どう動けばよいの?と迷ってしまい、行動したり、決断するのが怖くなってしまいます。
上司は、ホウレンソウに関しても明確な指示を出してあげたいですね。

 

⑤「まだ終わらないの?(仕事遅いね)」
自分ではしっかりやっているつもりなのに、思わぬトラブルや業務の支障で時間がかかることもありますね。せめて、こちらの事情も聞いてほしいです。

 

⑥「やる気あるの?」
こんな言葉を発せられたら、一気に崖から突き落とされようなネガティブな感情しか湧いてきませんね。
ますます部下は、やる気をなくしてしまいます。
こちらを気遣うような言葉がけがほしいです。

 

▪️上司に言われて嬉しかった言葉とは?

仕事をしていく中で、様々な苦労があったり失敗もあり落ち込んでしまうこともあることでしょう。でもそんな時に、上司や同僚からこんな言葉をかけられたら、ほろっとするのではないでしょうか。

④「自分でやれ&勝手にやるな」→「自分の思うようにやっていい。責任は私が取るから」
「失敗してもいい、私がついている」と解釈でき、自分が信頼されている気持ちになり、自信を持ってのびのび仕事をすることができるでしょう。エネルギーが湧いてきそうです。

 

⑤「まだ終わらないの?(仕事遅いね)」→「少し時間がかかりそうだね。何か困ったことはないかな」
頭ごなしに仕事の遅いことを責めるのではなく、仕事の進捗状況を聞いたり、事情があればサポートできるような職場の雰囲気があれば、ホウレンソウもスムーズに行うことができ、風通しのよい環境になるでしょう。

 

⑥「やる気あるの?」→ 「最近疲れているように見えるけれど、オーバーワークになっていないか。もし仕事の量が多ければ少し調整してみようか。(また、プライベートで困ったことがあれば相談にのるよ)」
など、こちらの事情を推し量ってくれるような言葉があると、ホッとして嬉しいですね。
部下が心を開くきっかけにもなりそうです。

 

いずれもこちらの気持ちに寄り添ってくれる共感力が大切です。まずは、相手の状況や感情を把握するような声かけから始めてみると、相手との距離感が縮まって来るでしょう。

ちなみに、部下が上司から言われて一番嬉しい一言は、
「いつも頑張っているね。本当にありがとう」だそうです。
何気ない感謝の気持ちを上司からかけられたら、日頃の疲れが一気に取れて、苦労が報われたような気持ちになりますね。やはり、感謝の気持ちに勝るものはないようです。

 五十嵐由美子

「葬儀のマナー」について取材協力をいたしました📕

今週、光文社から発売の「大切な家族が亡くなったらやるべきこと」のムック本の中で、葬儀のマナーについて、一部お手伝いをさせていただきました。

葬儀の疑問やお悩みについての100のQ&Aが解説されています。
ご家庭に一冊あると、いざという時に安心です📕

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 五十嵐由美子

上司の心ない一言で疲れが倍増⁈ 〜疲れが半減する言葉とは?〜 プラスの言葉遣い①

◾️「常識でしょ」で疲れが倍増!

先日の新聞紙面に、養命酒製造が東京で働く会社員に聞いた調査の結果が載っていました。
それによると、半数のビジネスマンが、「上司の心ない一言で疲れが倍増した経験がある」と回答。

心ない一言の1位は「常識でしょ」
2位が「そんなこともできないの?」
3位は「前にも言ったよね?」

上司からすれば、こうした一言で喝を入れて、もっと仕事に集中してほしいと言う思いがあるのかもしれませんが、新人や部下からすると、「言われると本当に心が折れる。疲れが倍増」するのだそうです。
こちらが何気なく使っている言葉でも言われた側はひどく落ち込み、モチベーションが下がることは意外とありますね。

◾️短所もプラスの言葉に変換!

「これではダメだ!」「大雑把だね」などのマイナスの言葉を連発していると、部下は気持ちがふさがり、言われるのが怖くて余計にミスを連発することも。
では、どのように話せば、部下が心を開いて、仕事の意欲を見せてくれるのでしょうか。
物は言いよう。短所もプラスの言葉に置き換えると好印象になり、言われた相手は責められたような気持ちにはなりにくいようです。

「常識でしょ」を → 「なるほど、そういう考え方もあったんだね」
「そんなこともできないの?」 → 「わかりにくい箇所は聞いてほしいな」        「私も昔はよく間違えたよ」
「前にも言ったよね?」 → 「ここはとても大事なポイントだよ」

などど、共感しながら話を進めていくと、部下との信頼感も生まれるかもしれません。
大切なことは、何より相手に前向きなアクションを起こしてもらうことです。
困難な時も、プラスの言い換え言葉をさらっと話せるようになるといいですね。

 

五十嵐由美子

ケアマナージャーの”コミュニケーション研修”を行いました。

江戸川区のケアマネージャー協会様よりご縁をいただき、コミュニケーションの研修を行いました。

テーマは、「困難事例を乗り越える対人援助技術、アサーション」。

「アサーション」は、相手も自分も尊重しながら伝えるコミュニケーションの方法です。
約50人のケアマネージャーの方が参加して、 日頃のよくある事例をロールプレイング。皆様方の日々のご苦労が手に取るように感じられ、活発な意見が飛び交いました。

 五十嵐由美子

日本の”おもてなし”を 海外へ ✈️

今日の「接遇応対講座」は、なんとも国際的でした。
モンゴル🇲🇳と中国🇨🇳からのお客様。
自国でそれぞれ、エステティックサロン、マッサージ店を開いていらっしゃり、日本の “おもてなし” を取り入れていくそうです。
通訳の方も入って、ボディランゲージも交えながら、熱気ムンムンの講座になりました。

五十嵐由美子

自分のやりたいことを実行に移すプラン 〜パーキンソンの法則とは?〜

何か自分のやりたいことを達成したいと思っても、忙しい日々の中でうやむやになって、そのままの状態で放置していることはありませんか。
「新たな仕事にチャレンジしたい」「仕事の顧客を増やしたい」といった気持ちはあるものの、漠然としていて、具体的な事柄に一歩踏み出せないという経験は誰にでもあることと思います。

 

◆『パーキンソンの法則』を利用する

仕事や新しいことを始める時に、『パーキンソンの法則』を参考にすると、より効率よく生産性が上がっていきます。

『パーキンソンの法則』とは、
「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」
「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」

つまり、「人は、与えられた量の時間やお金をすべて使ってしまう」ということです。
「1ヶ月後に、資料を提出して!」と依頼されると、期限ギリギリの3日前に慌ててパソコンに向かって調べ物をしたり、10万円の臨時収入が入ったら、買う必要のない物まで買い込んで、いつの間にか使いきってしまう。
資料の作成に1ヶ月かかるわけではないのに、1ヶ月を費やし、3万円の出費で過ごせたかもしれないのに、必要のない買い物をしてしまう。
こうしたことも『パーキンソンの法則』が働いています。
「あの人に連絡をしなければ」と思いながら、1週間、1ヶ月が過ぎてしまった・・・こんなことも、日常的にありますね。
そのためには・・・

 

◆実際の期限よりも短めの締め切りを設定する

時間もお金も無限大にあるわけではありません。
自分の中で、多く与え過ぎすに目標の期限を設定することで生産性が上がっていきます。
長期にわたる業務なら万が一のトラブルに備えるために、余裕をもたせた早めの締め切りを設定します。
財布の中にあればあるだけ使ってしまうお金も、小分けにして期限をつけて計画的に使うようにします。

 

◆今の状況と目指すゴールを把握する

今の状況を把握し、いつまでの期限に、そして目指すゴールはどんなことなのかを明確にします。
ゴールイメージをはっきりすることで、やらなければならない事柄が、より具体的にわかるようになります。
完璧ではなくても、「とりあえず完成させる」ように形を作っていくと、生産性が上がっていきます。

五十嵐由美子

タイミングよく上司に『報告』や『相談』をするためには!

 

職場のコミュニケーションにおいて、「ホウレンソウ」という言葉だけを知っていても、あまり役に立ちません。
例えば、現在進行中のプロジェクトの報告をしたい時、自分ではよかれと思って上司に進捗状況を伝えたら、「もっと早く教えてくれよ」などど言われたり、
「なんでも相談するように」と言われたのに、相談をしたら、「それくらい、自分で考えろ」という答えが返ってきたり…。

◆あらかじめ、進捗状況報告の目安を聞く

大きなプロジェクト、あるいは小さな案件でも、上司にとっては多くの情報を知っておきたいという気持ちがあります。こちらが問題がないと思っているケースでも、上司からみると、より適切なサポートや支援が必要な場合があるからです。

スムーズな報告をするために、あらかじめ仕事に取りかかる前に、進捗報告のタイミングを打診することをお勧めします。例えば、

・「途中経過をどのタイミングでお伝えすればよいですか」
または、
・「〇〇がどのような状況になった時に報告したらよいでしょうか」

など、具体的に段取りの内容を挙げて質問をすると、より明確に作業工程の進捗状況がわかるようになります。ポイントを押さえた報告や相談は、作業効率や仕事のクオリティーも上げることになります。

五十嵐由美子

上司に仕事の相談をする時の注意点 〜『ホウレンソウ』の『相談』

◆上司や先輩の仕事のノウハウを引き出すよい機会となる『相談』

『相談』は、一人では判断を迷うことについて、上司や関係者の意見を求めること。他人から学ぶことで、一方で根回しにもなります。特に様々な選択肢がある時には、保険の意味合いも持ちます。
自分が直面した課題を解決するためにも、口頭でのコミュニケーションは大切です。

 

◆解決に導く『相談』のコツ

困難なことがあった時にも、一人では抱え込まないように。
「こんなことを相談して…」と思われるのが嫌で独断で進めてしまうと、後で取り返しのつかないトラブルに発展することもあります。
日頃から『相談』しやすい環境をつくっておくことも必要です。

 

◆上司に『相談』をする時の注意点

・まずは、相手の都合を聞き、何についての『相談』か、シンプルに伝えることです。
「〇〇の件で、ご相談があるのですが、今、よろしいでしょうか」

・『相談』の内容を、あらかじめまとめておきます。
自分の考えや、何について意見を求めたいのかを整理しておきます。その際、資料やデータも揃えると、よりクオリティの高いアドバイスを求められるでしょう。

・『相談』した相手に結果を報告し、感謝します。
たとえ、上司のアドバイスを受けて、思うように結果が出せなかった場合でも、きちんと結果を報告し、また次の機会に生かせるような前向きな言葉で感謝を伝えましょう。
ポジティブな報告に、上司もより、あなたをサポートしたくなるかもしれません。

五十嵐由美子