アーカイブ

イタリアの旅 続き

洞窟レストランで朝食を取った後は、アドレア海に面した白い街並みのオストゥーニへ。
そこから車で数十分、とんがり屋根が立ち並ぶアルベロベッロの街に出かけました。
この辺りのパスタ🍝は、耳たぶの形をしたオレキエッテが有名です😙

五十嵐由美子

イタリア 時空の旅

日本を離れ、
ローマ→ナポリとイタリア🇮🇹を南下し、世界遺産の街、洞窟都市マテーラに来ています🍝

昔は劣悪な環境だった洞窟が最近はオシャレな洞窟レストランになったり、洞窟スパもできたりして、驚きの連続…。

夜景や夕焼けの色も鮮やかで、しばし中世の世界にタイムスリップしています。

五十嵐由美子

静岡、浜松グルメ旅

今年のお盆は、静岡、浜松グルメ旅でした☺️

高橋一生にハマっている娘のリクエストで、まずは浜松の大河ドラマ館へ。そこから、

→龍潭寺→八百徳さんのうなぎの櫃まぶし→石松の餃子→
翌日は静岡のおでん横丁 “一心”

たまたま入った おでん横丁の”一心”は、「孤独のグルメ」でも紹介された、汁おでんがウリの粋なお店🍢

8人入ると満員で、若い観光客とも和気あいあいでお酒🥃がすすみ…。
店主のウンチクが楽しくて、さながら「深夜食堂」の小林薫さんのお店のようでした

五十嵐由美子

癒しの街、ベトナム

IMG_2411

アジアンリゾート、ベトナムのダナンとホイアンという街を旅してきました。

IMG_2446
朝から焼けるような日差しでしたが、ダナンのリゾート地は快適で、ベトナム料理はどれも口に合って食べやすく…😄

ホテルのベランダも南国ムードいっぱい。

IMG_2276

こちらは世界遺産のミーソン遺跡。

IMG_2301

IMG_2362

ダナンから車で30分ほど南にあるホイアンという世界遺産の街は、日本が鎖国をするまで、1000人くらいの日本人が住んでいたところです。

IMG_2391
夜になると、日本の提灯がルーツの”ランタン”が街中に灯され、ノスタルジーを感じます。

IMG_2344

カフェや雑貨屋さんはレトロでキッチュな雰囲気で、通りを歩けば、三角笠をかぶったおばちゃんが天秤棒を担いで、移動式屋台を作って麺料理を作っていたり…。

IMG_2339
いろいろな発見がある、アジアの混沌とした風景がとても魅力的です💕

五十嵐由美子

鎌倉 明月院とビーフシチュー

梅雨明け直前の鎌倉、明月院に出かけてきました。

IMG_3828

まだ淡く小さい姫アジサイの可憐なこと、アジサイはこれからが本番ですが、この時期の明月院もオススメです。

IMG_3830

本堂から庭園の眺め。

IMG_3834

新緑のやわらかなグリーンと通り過ぎる風が心地よく、

IMG_3850

花菖蒲園もお見事…。

IMG_3845

明月院のすぐ近くにあるビーフシチューで有名な「去来庵」

IMG_3821

庭を眺めながらのランチはまた、格別でした。

IMG_3816

五十嵐由美子

プチトリップ 長野〜

IMG_3763

この春、東京から長野に移住した仲良しの友人のところに遊びに行ってきました。

数十年ぶりの長野のまちは、新幹線の開通と共に変わっていてびっくり!

善光寺までの道のりも、新しいまちからだんだん歴史ある街並みへと変化して、通りの両側は大正期の土蔵や町屋を利用した喫茶店やカフェ、おみやげ物屋さんが立ち並んでいます。

IMG_3766

こちらは、「よしのや」という蔵元。ここではお味噌や地酒の試食や試飲ができ、自分の好みに合ったものをじっくり買うことができます。

お味噌はコクがあってだしも要らないのでとっても便利。

IMG_3770

こちらは、昔大名が参勤交代の際に宿泊した旅館、御本陣。藤屋旅館。

華麗なアールデコの様式で、一歩館内に入れば大正ロマンティシズムが漂い、ショットバーやティールームもオシャレでモダン。

IMG_3776

表参道から一本裏の筋に入ると、漆喰の壁とモノトーンの街並みに若者達が始めたカフェやゲストハウスなどがうまく溶け込んでいます。

IMG_3778

IMG_3782

長野駅から少し車を飛ばせばこんな風景が…。

新緑の眩しい風景と美味しいお土産に大満足の1日でした。

五十嵐由美子

奈良へプチトリップ

IMG_3596

連休前、義妹と一緒に奈良に出かけて来ました。

震災のニュースを日々見聞きし、罪悪感もありましたが、東大寺・春日大社でひたすら合掌。

被災された方々のために、そして街の復興が少しでも進みますように祈りました。

IMG_3613

春日大社は、今年式年造営。

平日でも、かなりの混み具合。

FullSizeRender 4

神社の隣にある植物園は藤の花が見ごろで、

IMG_3608

新緑の中の苔のじゅうたんの美しさ…。

FullSizeRender 3

ランチには、大和野菜を使ったお弁当をいただき、心もほっこり。いい旅でした。

五十嵐由美子

アンデルセン公園とドイツ村

IMG_3429

世界最大級のアメリカの口コミサイト「トリップアドバイザー」が選んだ ”日本のテーマパークランキング”でUSJを抑えて3位になったという船橋アンデルセン公園に行って来ました。

大型アトラクションもないのに、四季折々の花が咲き、うさぎや羊などの動物がいて、大型滑り台など、汗をかいて遊べる遊具も充実していて、一般の入園料900円というのも魅力の一つ。

IMG_3421

園内に入ると、まず74種もある林の中のアスレチックに驚きます〜

IMG_3433

公園の真ん中には大きな池とボートハウスがあり、手漕ぎボートに乗ることもできます。

自然の起伏や雑木林を生かした園内は、北欧デンマークの自然がいっぱいで、とっても素朴であたたかな雰囲気。

異国情緒があるのになんだか懐かしいような景観。すっかり気に入ってしまいました。

IMG_3424

そしてこちらは、千葉県袖ヶ浦にあるドイツ村。

ドイツの田園風景をイメージした園内ですが、着いた頃にはもうすでに夜…。

関東三大イルミネーションの一つで、美しい光のオブジェが広がっていました。

IMG_3442

IMG_3492

IMG_3489

この日は、冬花火の最終日。

華やかなイルミネーションの上に舞い上がる花火は圧巻!

心のモヤモヤが払拭されて、なんともいえない幸福感に浸りました。

明日へのエネルギーって大切ですね。

IMG_3517

五十嵐由美子

いつもどおりの華やかなパリへ❤︎

悲しみのパリは、いつも通りの華やかなパリの活気を取り戻していました。

先週から娘の暮らすパリに入り、初日はチョコレート巡り。
パリ限定のチョコレート店、「パトリックロジェ」や「ドゥボーヴ・エ・ガレ」といった人気店に足を運びました。

IMG_3037

こちらはノルマンディーの緑の森をイメージしたグリーンの外観の「パトリックロジェ」

IMG_3068

そして、創業者はルイ16世とマリーアントワネットの薬剤師だったという「ドゥボーヴ・エ・ガレ」。

IMG_3070

フランス最古のチョコレート店です。

IMG_3147

翌日は、TGVに乗って東のドイツ国境に近いアルザスの街、コルマールへ😘

ここは、宮崎駿さんの「ハウルの動く城」のモデルとなった街です。

木組みのメルヘンのような家並みはドイツにいるよう、今にもソフィが飛び出して来そうです。

IMG_3155

こちらはコルマールの「プティベニス」と呼ばれているところ

FullSizeRender

お店にかけられた鉄の看板はどこも可愛らしくて。

IMG_3140
名物料理は、シュークレートと呼ばれるフランクフルトやザワークラウト。

IMG_3257

そして、南仏のプロブァンスの小さな美しい村々を廻りました。こちらは、ゴルドという村。

IMG_3266

こちらの村は赤土でできた建物が印象的なルシヨン。

IMG_3268
小高い山の上に村があって、まるで映画のワンシーンのよう。

IMG_3344

ムール貝に

IMG_3341

オリーブオイルをたくさん使ったトマトとモッツァレラのサラダも美味。

IMG_3302
ゴッホが愛したアルルの村は静かに時を刻んでいて…。

IMG_3314

「夜のカフェテラス」のモデルのお店付近の人はまばら…。

IMG_3338
ゆったりと時間が流れ、このまま止まってほしいです〜💕

 五十嵐由美子