アーカイブ | 11月 2014

フィッシュ理論

ビジネスマナーなどの講座を担当していると、

受講生のみなさんの自己紹介の時に、

「私の仕事など大したことではないので…。」と

謙遜される方が、よくいらっしゃいます。

 thumb_20140713125324_53c202b4efba2

そんな方にお勧めしたいのが、「フィッシュ理論」!

アメリカ・シアトルの魚市場のオーナーと従業員が

「世界一の魚市場になろう!」と決心し、4つの哲学を

実践したことで、夢が現実となってやりがいのある仕事に大変身☆

全米が注目し、マクドナルドやBMWなど、「FISH」を取り入れている

企業も少なくありません。

一日中立ちっぱなし、氷と格闘して腰も冷える…。

そんなつらくて単調な魚市場が、魚が飛び交いユーモラスな店員さんとの

コミュニケーションで活気づく。

 

 

〜〜その4つの哲学とは?〜〜

1. 遊ぶ(楽しみながら新たなエネルギーを生み出す)

2. 人を喜ばせる(日々のありふれた出会いも特別な思い出に)

3. 注意を向ける(他のことに気を取られずに集中する)

4. 態度を選ぶ(自分にとって好ましい態度を選べばチャンスも転がって来る)

 IMG_0928

日々の何でもない行為を、意識して変えてみる。

きっと、今までとひと味違った毎日になりますね。

自分の仕事に誇りをもてること…。

とても素敵なことだと思います。

五十嵐由美子

植物や生き物と共存

FxCam_1353984700257

田舎育ちの私は、時折、東京の住宅地を抜け出し

デトックスをしてバランスを取っているような気がします。

今日は、湘南に住んでいる友人の家のそばで開かれた

草木染めの作品展に出かけてきました。

ドングリやススキの葉っぱなど、清里の自然の植物で

染められた毛糸が並び、温かみのある帽子やアクセサリーに

思わず はしゃいでしまいました。

IMG_0895

こちらの羊毛フェルトの羊ちゃんは、今にも動き出しそう〜

何だか、物語がはじまりそうです。

IMG_0898

この草木染め、世界各国でもめずらしく、四季のはっきりした

日本だからこそ、残っているそうです。

桜の花や新緑の頃など、四季の移ろいを身体で感じながら形にしてゆく…。

こういう自然が溶け込んだ味わいは、やはり日本人ならではの感覚なのですね。

IMG_0896

こちらは、「鎌倉山茶房の」鎌倉地野菜をふんだんに使った

スープパスタ。色鮮やかな野菜たっぷりでヘルシーな食材。

IMG_0919

ついでにこちらは、すね肉を柔らかく煮込んだパスタ。

IMG_0915

紅葉を見に来たのに、ついついおしゃべりに夢中になってしまいました。

食い気には勝てません(笑)

五十嵐由美子

TO DO リスト

毎日の生活の中で、「これをやりたい!」と

思っていることが片付かないとプチストレスに。

反対に、やりたいことがすべて完了した時は、

とってもHappy 〜♡

日々、そんな感情の起伏の中で過ごしているような

気がします。

こちらは、自宅の引き出しの中に入っている付箋。

家族みんなで使っていますが、用途に合わせて色々な

付箋を使って楽しんでいます。

娘のおやつや伝言には、イラストの可愛いものを。

私の仕事の「TO DO リスト」は、

・優先順位をつけて、実行しやすいタスクを書く!

・プライベートと仕事の内容は分ける。

・常に「TO DO リスト」をチェックオフして整理。

・一日の終わりに明日のやるべきことを見積もる…。

 ようにしてはいますが…。

あまり無理な計画を立てずに、マイペースで!

これが一番心地よくなるやり方のようです。

FullSizeRender

五十嵐由美子

心を立て直す

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから

     〜マザー・テレサ〜

心が疲れている時、マイナスな気持ちになっている時、

マザーテレサのこの言葉を思い出します。

よくも悪くも、日常のほんの些細な事柄が、運命を変えてしまうことってありますね…。

ニュートラルな気持ちでいたいです。

IMG_0773

五十嵐由美子

心豊かに暮らすこと

インテリアが好き、アンティークが好き、素敵なライフスタイルを

提案している、トータルライフコーディネーターのケイティー恩田さんに

クリスマスティーコゼーの作り方を教わりました。

可愛らしい布と、針と糸があればOK!

手縫いでチクチク布を合わせていきます。

中の荒い縫い目は、自分にしかわかりません(笑)

IMG_0865

適当に作っても、このとおり!何とか形になりました。

ティータイムがちょっと楽しみです。

IMG_0872

アンティークを暮らしの中に取り入れて楽しんでいるケイティーさん。

その醍醐味は、年代や値段の問題ではなく、どんなご縁があり、

どんな風に心魅かれ、どんな豊かな時間を一緒に過ごすことが

出来るかということ…。

IMG_0927

IMG_0536

縁あってイギリスから持ち帰ったアンティークたちが、日本の

誰かに見初められ、磨かれ、息を吹き返して新しい人生をスタートする、

そう考えただけでワクワクするそうです。

そんな想像力豊かな生活は、最高の贅沢だと思います。

IMG_0886

五十嵐由美子

 

手前味噌ですが…。

今年の3月、何でも手作りする美しが丘の友人

ベニシアさんら(?!)と一緒に、味噌作りに

挑戦しました。

今日は、発酵したお味噌解禁 ♪

味噌ダルを開ける時は、ワクワクドキドキ。

蓋を開けたときには芳醇な香りが部屋いっぱいに広がって、

しあわせオーラが漂いました。

IMG_0843

こちらは、作って間もない6月頃。発酵途中の天地返しで、お団子作り。

まだ大豆っぽい黄土色です。

お味噌は、待ちきれずに食べ始めると若味噌、そして

中味噌・塾味噌とそれぞれの段階の食べ比べもでき、

その家の湿度や温度によっても味に若干の変化があり、

手作り味噌は完全なオリジナル。

人間もこんな風に、熟成させた味わいが年齢とともに

出て来るのでしょうか〜

IMG_0515

やっぱり、日本人ですね。これが家庭の味。

534

五十嵐由美子

富士山羊羹〜♪

気分転換に河口湖にドライブ。

何気なく立ち寄った湖畔のティールームに

こんな可愛らしい「富士山羊羹」とお抹茶のセットが…。!

富士山と、もう1つは富士の雲海を表したそうです。

静岡県出身の私は、富士山を見ると訳もなく反応し、

テンションが上がります〜

お店の人に伺ったら、このお店の羊羹は天皇陛下献上菓にも

なっていて、富士山羊羹は美智子皇后のお気に入りだとか…。

なんと縁起のよい!とっても得した気分で家路に着きました。

IMG_1195

IMG_1193

五十嵐由美子

 

新しい目

「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある

ープルーストー」

講演会の帰りの電車の広告に、こんな格言が飛び込んで来ました。

プルーストのいう「新しい目」が視点や価値観の変化を意味するのなら、

見慣れた風景の中でも旅はできる。

気持ちの持ち様で、自分の日常は変えられるのですね。IMG_0901

 

五十嵐由美子

発想の転換

(株)イー・ウーマンの社長で、評論家・コメンテーター他

幅広い活躍をされている、佐々木かをりさんの講演会に

出かけて来ました。

女性が輝いて起業するための発想のヒントをたくさんいただきました。

チャンスは、小さな選択の集まり。そして、ビジネスのきっかけは、

人が運んでくれることが多い!

「これを読んでごらん」「食べてごらん」という人からのアドバイスを

置いたままにしていないか〜

タイミングもとても大事。

IMG_0787

会場から、「佐々木さんに悩みはありますか?」の質問に

「悩みはありません〜 私は『悩み』を『課題』にするの」…。

この発想の転換が素敵です♪

これなら、一歩前に進めますね。

IMG_0788

五十嵐由美子

運命の石?!

気分転換に、本場イギリスの味に近いスコーンの

作り方を習って来ました。

外はカリッと、中はふわっと…。クロテッドクリームと

ストロベリージャムをのせて、イギリスではお馴染みの食べ物です。

IMG_0769

実はスコーンは、スコットランドのスコーン城で

国王の戴冠式に用いられた椅子の礎石に由来しているのだとか。

この石は、スコットランド人にとって、独立と自由の象徴ともいえるもの、

イングランドとこの「運命の石」をめぐって長い間戦いを続けて来ました。

何気なく食べているパンやお菓子は、その国の歴史と関わりがあったりするのですね。

そんなことを考えて食べると、なんだかエネルギーが湧いてきました!

IMG_0767

こちらは、本場イギリスで食べた アフタヌーンティーです♪

IMG_0855

五十嵐由美子