研修に対する理念・信条

社員の「仕事を“やらねば”を“やりたい”に変えて自らアクションを起こす」が理念で、
お客様のご要望に応じたカリキュラムで、参加者が納得し成果を出すようなトレーニングを実施しています。
社員が自分の仕事に誇りを持ち、やり甲斐を感じて社会貢献できるようなサポートをいたします。

プロフィール

五十嵐由美子

立教大学社会学部卒。アナウンサー職。日本サービスマナー協会認定マナー講師。

キャリアブレーンシニアコーチング。ファシリテーター認定資格取得。ユニバーサルマナー検定2級取得。

 

年間50回、官公庁、金融、食品などの産業のほか、病院や介護施設など多方面の業界、業種にわたり、ビジネスマナーやコミュニケーション術、電話・クレーム応対講座など各種の研修を行っています。地方局民放・富山テレビ放送のアナウンサーを経て、フジテレビのレポーターやコミュニティラジオFM世田谷のパーソナリティの経験から、過去に1万人以上のインタビューを行ってきました。

アナウンサーのスキルを生かしたわかりやすい指導と、女性ならではのきめ細かいサービスで、お客様のサポートをいたします。

 

ビジネス経験・実績

1984年、富山テレビ放送入社、その後日本短波放送の契約アナウンサーを経てフリーランスに転向。

ナレーターや司会業の他、主にフジテレビなどで情報番組や広報番組のレポーターを務める。結婚・出産を機に一時仕事を休止するも、1999年からコミュニティラジオ局FM世田谷で、情報番組や世田谷区長と共に行政番組のパーソナリティを担当し、現在まで延べ1万人にインタビューをしています。

研修講師としての実績

2011年からビジネスマナー講師、研修講師としてスタートし、年間50回ほど、公開講座や企業研修を行っています。研修は、官公庁、金融、食品、運輸、小売などの業種のほか、法律事務所、司法書士・行政書士事務所、テレビ局、病院や介護施設など多岐にわたっています。

座学だけでなく、職場の実情に合わせたきめ細やかなロールプレイングや、アナウンサーのスキルを生かしたボイストレーニングで、滑舌が悪かったり元気のない社員を明るく爽やかな印象に変え、毎年予約をいただいている企業様も多数ございます。

専門分野

フリーアナウンサーでビジネスマナー講師、年間60回、今までに延べ4000人の研修を行ってきました。クライアントは食品、金融、官公庁、運輸、建設などの産業のほか、病院や介護施設、テレビ局など多方面の業界にわたり、ビジネスマナーやコミュニケーション術、電話・クレーム応対などの研修を行っています。

ネット販売の拡大により、最近はクレームに頭を悩ます企業が増え、特に

「“クレーマー”を“ファン”に変え顧客を2倍にする、心に響くクレーム応対戦略」

は、月に30件ほどあった企業のクレームが研修を行うことにより半減し、企業や事業所の印象が格段によくなり、顧客が増えたと喜ばれました。

講座の特徴は、アナウンサーの技術を生かし、ボイストレーニングや発声練習をして、声の小さい人や滑舌の悪い人を明るく爽やかな声に改善し、職場環境をより快適にして、人間関係を良好にするところです。

また、仕事の信条は、社員が「仕事を“やらねば”を“やりたい”に変えて自らアクションを起こすこと」。

座学と現場の悩みや問題に即したロールプレイングで、すぐに実践できるトレーニング方法でサポートいたします。

ビジネスマナーというと堅苦しいイメージがありますが、決して気負うものではありません。その場の空気を和らげ、ちょっとした気遣いが心豊かな人間関係をつくり、素敵な人生につながっていきます。